ざんないプログラマァのアプリ開発日記

ゲームエンジンUnityを使って何か創る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

3ds Max 2011 体験してみた(4)

3ds Max 2011 で作成したモデルを Unity 3D で表示するテスト。

モデリング技術がないので、ローポリモデリング―3DゲームのためのCG制作入門に添付されていた CD-ROM のローポリゴンキャラクターを試用する。
データは LightWave 3D 7.5 なので、3ds Max で読み込むにはプラグインのインストールが必要。

Max での編集画面

ビューポート設定で透明度をベストなのに透明部分(メガネのレンズ)が抜けないのはなぜだろう・・・?


FBXで出力し、Unity 3D で表示させてみた。

Unity で透明部分を抜くには、マテリアルを Transparent -> Cutout -> Diffuse にするようだ・・・
分からず手当たり次第試してしまった(;´Д`)
3ds Max でマテリアル編集して Unity 3D でまたマテリアルを編集しなければならないのは効率悪いな・・・

試用期間カウントダウン・・・残り19日
  1. 2010/10/14(木) 19:31:35|
  2. 体験したみた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3ds Max 2011 体験してみた(3)

3ds Max 2011 の CAT で複数アニメーションのテスト。
歩く(walk)をベースに、静止(idle)、走る(run)などのモーションをそれぞれレイヤーで追加し一つのアニメーションした。

↑雑な動きだけどテストなので(・ε・)キニシナイ!!

リグのまま FBX(ver2010) で出力し Unity 3D で読み込み Third Person Controller で動かしてみた。
サンプルのキャラクタと同じように、操作に合わせて歩く、走るなどのアクションが簡単にできた。
自作でシステム作ったら何年かかるだろ・・・


試用期間カウントダウン・・・残り21日
  1. 2010/10/12(火) 19:19:01|
  2. 体験したみた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3ds Max 2011 体験してみた(2)

3ds Max 2011 体験版を試用期間(30日)内にいろいろ試す。

前に体験したときに参考書を購入したが、古いものばかりで CAT についての記載は無く殆ど参考にならない(´・ω・`)
CAT でいろいろ試されている方のサイトを発見し、ようやく走らせるモーションを付けることができた。
特に走らせる必要はないけれど・・・いじっていたら結構面白くて、ついつい遊んでしまう・・・
複数のモーションを付けるには、歩く(walk)をベースに、静止(idle)、走る(run)などのモーションをそれぞれレイヤーで追加することができるようだ。



モデリングが面倒なのでリグを FBX(ver2010) で出力して Unity 3D で読み込み表示させてみた。
とりあえず表示だけだけど、ドラッグ&ドロップで簡単に表示できた。


試用期間カウントダウン・・・残り25日
  1. 2010/10/08(金) 19:25:06|
  2. 体験したみた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3ds Max 2011 体験してみた(1)

3ds Max 2011 体験版をダウンロード&インストール。試用30日間だがフル機能を体験できる。

3ds Max には Character Studio(Biped) という強力なアニメーションツールがある。主に二足歩行のアニメーション付けに適している。
さらに、3ds Max 2009 からサブスクリプション(年間定額で最新のサービスを受けられる)ユーザーに CAT というより洗練されたアニメーションツールがプラグインで提供された。
3ds Max 2011 からは CAT が完全に統合され、新規からでも利用できる。

CAT では複雑な多足歩行用リグの構築を容易にし、人間型はもちろん、馬、トカゲ、ドラゴン、蜘蛛や蟹形状を参考にカスタムリグを作成する事が可能。ムカデのような非常に複雑な多足歩行にも対応している。

リグを配置しただけの画面キャプチャ
Unity iPhone サンプル

関係ないけどレンダリングテスト
Unity iPhone サンプル

このように沢山のリグ構造が用意されている。
リグには歩行アニメーションが簡単に割当てることができ、パラメーターの設定次第でうさぎ跳び、逆関節や忍び足などといった細かい変更ができる。
ただし、各パラメータがどのように動作するのか理解が必要で、使いこなすまでにはやはり時間がかかりそう。
まだ既存の歩行しか出来ないけど・・・(´・ω・`)ガッカリ

今回の目的は、アニメーション&モーション付けしたキャラクタを FBX で出力し Unity 3D 上で表示・アニメーションを確認できるのか。また、 ロコモーションシステム(Locomotion System)や多足構造も試してみたい。
果たして試用期間内に試せるだろうか・・・

試用期間カウントダウン・・・残り26日
  1. 2010/10/07(木) 17:50:51|
  2. 体験したみた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ

ざんないブログへようこそ!

KOH

Author:KOH
【開発環境】
Win(XP/7)/Mac Mini
Unity Pro + iOS Pro
3ds Max 2011
VS2008

【iOSアプリ】

I-C (3D puzzle) - PETITDIGI2012/09/07
I-C (3Dパズル)

I-C (3D puzzle) Free - PETITDIGI2012/09/07
I-C (3Dパズル)無料

【Androidアプリ】
I-C (3D puzzle) Free - PETITDIGI2012/11/22
I-C (3Dパズル)無料

【サイト】
・Unity 3D Selfish Training
・Unity 3D でオリジナルキャラクターを表示させる
・サイトマップ

書籍

カテゴリ

開発日記 (68)
アプリ第1弾 (37)
iPhone (16)
麻雀 (15)
Unity 3D (82)
何か作ってみよう (10)
セーブデータ (5)
開発関連 (37)
その他 Unity (28)
3ds Max (11)
体験したみた (9)
その他 3ds Max (2)
Titanium (7)
Studio (4)
iPhone (1)
Android (2)
情報 (47)
書籍 (18)
iPhone (19)
PC (2)
テレビ (4)
コンシューマ (3)
その他 情報 (1)
3.11東日本大震災 (0)
未分類 (1)

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。